夜眠れないという人へ~不眠の原因や対処法を考える~

眠れない原因

睡眠中の女性

夜眠れないという人は、夕食や夜食が原因である場合があります。 食事の量は、多すぎれば、身体にストレスを与えますので、安眠を妨げます。また起床後も疲れが取れないなど、悪循環を招く結果にもなります。 食事の内容も大切です。カプサイシンなどの刺激物を多量に摂取することで、安眠を妨げる原因となるでしょう。 そして眠れないからといって、深酒にはまることも、睡眠を浅くするので注意が必要です。 夕食は腹8分目と適度な飲酒を心がけること、そして食事の内容に気を使うことが大切です。食事は安眠を促進する栄養物質を含む食品を摂取しましょう。レタスやセロリ、ヨーグルト、寝る前のホットココアなども、良いといわれています。サプリメントとしてよりは、食品として摂取するほうが良いでしょうし、価格的にもこの場合は食品の方が安上がりと言えるでしょう。

夕食後は自由に過ごしていないでしょうか。眠くなるまで、勉強したり、好きなことをして過ごす、そのような生活は決して悪いものではありませんが、それが原因で眠りが浅くなった結果、慢性的な疲労を感じている人は少なくありません。 それもなぜ自分がそこまで疲れているのか理解していないのです。そのような人の中には、悪循環を重ねた結果、精神的な病を発症してしまう人もいます。 そのような悪循環は、日ごろのちょっとした習慣づけによって、改善していくことが可能です。大きな努力は必要ありません。夕食後は、寝るための準備であることを意識するだけで良いのです。 そして寝る3時間前には、頭を使うのをやめ、楽にして過ごします。ゲームなども良くないでしょう。そしてLEDライトの光にも気をつけると良いでしょう。 そのように眠りを意識した生活は、一見面倒なこともありますが、長い目で見れば、デイタイムのパフォーマンスの安定感を維持するために非常に大切なことだと気づかされるのです。 眠れない現象は、一朝一夕で作られたものではありません。今日から少しずつ眠れない生活を改善していきましょう。